デパス副作用高齢者

デパス副作用|高齢者に飲ませたくない親族の方へ

デパスの副作用が怖いので高齢者には、、、

高齢者に対して、
これまでの抗不安薬(デパスなど)や抗鬱剤(ssri)の副作用としては、

血管への悪影響(立ちくらみ、心臓の鼓動の遅れ、不整脈)
便秘や排尿の問題

などがありました。

 

 

身体的な問題で飲んでいるその他の薬などとの反応がとても心配されていました。

 

ですが、近年ではこの懸念はかなり少なくなって来ています。

 

 

しかしながら、どうあってもやはり
抗不安薬や抗鬱剤は薬です。

 

 

副作用が完全になくなっているわけではありません。

 

服用される方の体力や年齢によってもデパスやssriは副作用として、震えや
高齢者特有のリスクが存在します。

 

 

高齢者に抗鬱剤を処方する際には、きめ細かい管理が大切になります。
副作用にはなるべく早く対処し、すぐに薬を変えるようにしましょう。

 

 

4週間から6週間の間で効果が出ないようならすぐに別の薬に変えることも大事です。

 

 

また定期的な検診がなければ、高齢者の場合、
薬を勝手に増やしてしまう事も多いとされます。

 

 

高齢者は日常的に、数種類の薬を飲んでいることが多く、
抗うつ剤以外からの副作用に悩んでいることも多いのです。

 

 

別の薬の副作用から逃れる為に、デパス等を乱用してしまう。。。

 

 

高齢者に特に多いのです。

 

抗不安薬・抗鬱剤の代用に使われる健康食品とは?

 

できるだけ高齢者に抗鬱剤を飲ませたくないとお考えであれば、
セロトニン増強を目的とした厚生労働省認可の食品もあります。

 

あくまで代用品としての効果は人それぞれになりますが、
食品ですので副作用がない事は確かです。

 

【公式サイト】
http://kokoronoaojiru.com/

 

 

抗不安薬や抗鬱剤では、多くの場合
感情コントロールに大切なセロトニンに対して作用するとしています。

 

 

これを副作用が一切ない植物食品でサポートしようというものです。
基本的な効能としては安眠をサポートするものになります。

 

 

ですが、安眠に大切なのは
緊張状態の緩和、つまり感情をコントロールです。

 

それはセロトニンの安定分泌ということになります。

 

 

効果は?

 

ここからはあくまで個人的な体験になります。

 

 

私の父は現在67歳。
50代の頃から不眠や軽度の気分変調性障害があり、多くの薬を飲んでいます。

 

 

特に多く服用しているのがデパス錠です。
安定剤系では一般的に1番多く出回っている薬かもしれませんね。

 

 

ですが、最近、不整脈に似た原因不明の動悸が起こるようになり、
それが精神安定剤の副作用かもしれないとう事になり断薬をススメられました。

 

動悸が起こると本人も不安になるそうで、

 

「不安を消す薬で不安になる。。。」

 

とかなり思いつめていました。
悪循環です。

 

 

ですが、急に服用をやめることも不安につながるという事で、
先述したセロトニンサポートの健康食品を試しはじめました。

 


マインドガードという厚生労働省認可の睡眠サポート系ドリンクになります。

 


原液で飲むとかなり不味いです。

 

水で薄めても不味いし、漢方薬みたいな匂いもします。

 

 

ですが、果物系のジュースで割ったら、不味さも匂いも消えてしまいました。
コレには驚きました。

 

ジュースで割っても良いものか、サポートに電話してみたところ
食品なので問題ないとの事です。

 

父への効果は?

飲みやすい割り方で飲んでもらっています。

 

飲み始めて、現在1週間が過ぎました。

 

睡眠への効果は、際立って感じていないそうですが、
デパスの無茶飲みがなくなったので、僕は安心しています。

 

 

動悸もしないと言っています。

 

 

1か月後

そういえばと、驚いたのですが、
ドリンクを飲み始めてから

 

父はデパスを飲んでいないそうです。

 

 

寝付きが良くなったのでデパスを飲んでいないそうです。

 

 

うちの父は思い込みも激しいタイプなので、一度大丈夫だと思うと安心するのも早いのかもしれません。

 

 

薬の副作用は、僕もヒヤヒヤするので
このままドリンクを続けてもらおうと思います。

 

 

ご参考までに

 

安くはないですが、こちらからお試し価格で買えるそうです。

 

【公式サイト】
http://kokoronoaojiru.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<管理人の戯言>

私は長年デパスを利用していますが、やはり薬ですので副作用は感じています。特に目立つ副作用としては、頭がぼーっとする、強烈な昼間の眠気、記憶の障害などです。記憶障害においてはそれほど大きな問題を起きていませんが、頭がぼーっとするという点では多少思っています。ですが1番問題なのは依存性ではないでしょうか?私の家では高齢者でもある母もデパスを飲んでいます。デパスもやはり薬ですので副作用の事はもちろん承知の上です。ですが高齢者の方が副作用のバランスもかなり違ってくるみたいですね。高齢者の方にあたっては、もともと体力がありませんから、それと体の衰えもありますし、副作用の出方もかなり違ってくるようです。私の母は今年で65歳になるのですが、ネットなどで見かけるデパスの副作用とはかなり違った症状が現れています。これが副作用なのかどうなのかもいまいちよくわかりません。医者に行くと単純に飲むのをやめるか別の薬に変えてみようと言うことになるので、困っています。デパスなどの精神安定剤の場合、依存性が3週間から4週間の間に形成されてくるそうなので、長い間飲んでしまっている私たちにとっては、かなり依存性があると考えられます。何よりも精神的にデパスを飲めばゆっくり眠れるといった安心感が植え付けられてしまっているので、急にデパスをやめるのはとても精神的に不安定になるんではないかと思います。このように考えていても、結局のところデパスの副作用が気になっているのでは悪循環になってしまいますよね。私はまだ年齢が若いので良いのですが高齢者の母にとっては、今までと違った副作用が出てくる可能性も考えられます。そうなってしまってはかなり心配ですよね。私の不安も募るばかりです。できれば食べ物などでデパスの代わりが務まるものがあれば良いなって探していたんです。最近では健康食品もいろいろな部類が発売されるようになってきましたよね。厚生労働省などでもしっかりと認可されているものが多いので比較的安心に食べられるものが多いかと思っています。
特に高齢者の方の場合、どのような薬であっても予想外の副作用が現れてしまうことが考えられます。できるだけ早い段階で、健康食品にその役目を切り替えられるのであれば切り替えてしまえば良いのではないかなっと思っています。精神安定剤の代わりになる食べ物はあまり見かけた事はありませんが、何かしらの植物をきちんと配合した健康食品であれば代わりになるのではないかと思い色々と探していました。私が見つけたのはマインドガードという健康ドリンクです。これは休息ハーブが主な原料となっています。その中でもクワンソウと夕食物がとても良いようです。この植物は、眠り草とも言われているくらい、精神的に安定をもたらしてくれるのでしょう。特に私が気になったのは精神安定剤を飲んでいる人に多いセロトニン不足を補ってくれる店です。セロトニンは感情をコントロールしてくれるとても大切な脳内分泌物質になります。
高齢者になるにつれて、脳内伝達物質はどんどん減っていくそうです。セロトニンに限ったことではありません。ですが中でも1番精神安定に大きく関与しているのがセロトニンと言うことになるので、高齢者の方に限らず特に大切な物質になるではないでしょうか。

>
 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ